読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

:::mido :::

考える。心の中をぶつぶつと整理。思ったことや感じたことを、撮りだめ、書き留めていく場所、伝える場所。

MENU

とりあえず?…その先にあるもの。

【日記】

 

最近、選挙関連のFBやTwitterを見ていて、とっても不思議なことがある。例えば、「とりあえず自民以外で」というタグやキャッチフレーズが流行っているように思うが、自民以外だったらなんでもいいのだろうか。いやいや、だめだろーって思ってしまう。日本語の短いフレーズですべての物事を伝えようとすることはとても難しいから仕方がないこと、或はそのフレーズにはなにか他の意味も込められているのだろうか。「自民以外でということで、今回は維新にします。」という投稿等を目にすることもあって、「ひょえーーえぇ@@うげえ〜〜〜!なんだ!なんだ?!そりゃ〜だめだろー。」と勝手ながら思ってしまう。
とりあえず自民・公明以外ということはとてもとても大切だ。(それについては後ほど書こうと思う。)だけれど、自民がダメなら民主!!というような回路はなんだか少し違うのではないかと思う。それでは、いままで行われてきたこととなにもかわらなくないだろうか。原発集団的自衛権、様々なことへ対して「どちらともいえない」と答えてる時点で、限りなく黒に近いように思える。名前やメディアの報道に流されるのではなく、更に生きづらい社会へとしようとしている人間達に対して、反対しなければいけないことへ対して、はっきりと「おかしい」、「反対」の立場を表明しているのは誰で、どの政党なのかをよくみて、よく考えてほしい。
投票まで残り数日。候補者が主張している事、政党が主張していることを注意深く見たいと思うし、見てほしい、そしてよく考えてほしい。誰が何に反対していて、何を推し進めようとしているのか。この社会は一部の人間が利益を得るためだけのものではないし、関心がある人だけが参加するものではないはずだ。