読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

:::mido :::

考える。心の中をぶつぶつと整理。思ったことや感じたことを、撮りだめ、書き留めていく場所、伝える場所。

MENU

韓国近況④

【2015年韓国wwoof旅】

そろそろ、自分のベットと家のご飯が恋しくなってきた韓国滞在25日目。一番はじめの滞在先近況報告から、なんだかんだ時間が経ってしまった。忘備録として、つらつらだらだら書きます。台湾戻ったら、しっかりまとめねば………
ーーーーー
海南という場所では、滞在先がかぼちゃ農家だったため、いやという程かぼちゃを収穫し、洗う日々で、かぼちゃ恐怖症になりかけた。笑
私は、今、WWOOFというのを利用して韓国をやんわりぐるり一周している。WWOOFとは、公式ホームページの文を要約すると、有機農場や、環境を大事にする人たち、自然が豊かに残っている場所、または人と人との交流を大切にしているところと、農業や、生き方について学びたく、仕事の手伝いや家事の手伝いをしてみたい人たちが、お金のやりとりなしで、「食事・宿泊場所」と「力」そして「知識・経験」を交換するシステム。
というわけで、私はこれを使って韓国に滞在しているのだけれど、これも当たりハズレというかなんというかある意味いい労働力としてのみ使われる可能性もあったりするなぁということを深く感じた。
クムサンガンディー学校での滞在が、私のなかであまりにも楽しかったからかもしれないし、農家と学校という場所の差は当然あるのだけれど、着いた途端に、「しっかり働けよ。
」と言われ、1人で何時間もかぼちゃを収穫したあとは、ひたすらかぼちゃ磨き、終わったと思ったら家に戻って、お皿洗いとこどもの面倒。一日だけかと思ったけれど、最終日を除き全てそんな感じだったので、お手伝いさん的な感じで受け入れているようにも感じた。そして、もう1人のドイツ人滞在者と仕事の出来や速さ、体力を比べられ、「お前のは仕事のうちにはいらん」といわれたけれど、普段ドイツで工事現場で働いている私よりももっと体格のいいお兄さんと仕事効率や体力比べるのは、甚だおかしいように思えた。
ご飯を作る際には、あの「白い粉(アジの○)が大量に投入され、食器はプラスチック、暖かいコーヒーまでも、プラスチックのコップ、、、熱湯でプラスチックから悪い成分が溶け出さないかとてもビクビクしてしまった。家族の目標とか家族愛への掟書みたいなものもいっぱいあるお家で、こどもたちは毎晩なにかしらで怒鳴られてたり、朝ご飯の時間が給食並みに決まっていたり、どんなに遅くてもお父さんが帰ってくるまで家族全員ご飯を食べずに待っていたり、いろんなことにただただびっくり。そんなこんなで、初日から、「ひょえーとんでもないとこ、きちまった!!!」と思ったけれど、食へのこだわり、生き方へのこだわり、教育への考えなどなど、ほとんどの面で自分とは異なる考えの人の家にこんなにもながく滞在したことは、自分と異なるような考えの人とどう接するかと改めて考えるいい機会だったし、逆に自分が何にこだわっていて何を大切にしたいのか、どういう考えを持っているのかをもう一度考える機会でもあった。だから、正直あんまりいい思い出ではないけれど、いい経験になった。あっでも、最終日に、何か料理を作らなければならなくて、いろいろ考えた末にお好み焼きを作ったら思いの外好評で、美味しい美味しい上手だと、はじめて否定的ではない言葉を言われたのはとっても嬉しかったなぁ。
ーーーーーー
海南の滞在を終えて、行きたかった場所などに寄り道しながらソウルへ戻り、ソウルで数日過ごした。高校の時の友達であり、大大先輩の、スンハに久しぶりに会い、スンハのお仕事先におじゃまし、半日一緒に遊んだり近況報告しあったり、、、それから、高校一年の韓国講座のホームステイパートナーだった、ヒョンジョンに4年ぶり?5年ぶり?に会いご飯をたべ、またまた韓国講座の時の交流で、パートナーではなかったけれど、なんとなく時々連絡をとりあってたジヨン+日本語ペラペラのジヨンのお姉さんともいっぱい食べながら遊び、、、と久しぶりのお友達たちのおかげで、とても楽しいソウル滞在を過ごせたのでした。こうやって、卒業しても、また会えて本当に嬉しいなぁ。
ーーーーーー
そして、現在は、江原道の山の中で15年前からほぼ自給自足しているご夫婦のお家へ滞在中。手作りのおうちで、ニンニクの皮を向いたり草むしりしたりと、毎日ゆったりとした時間を過ごしながら、ぼやぼやといろんなことを考える日々。たまには、こんな時間もいいなぁ、必要だなぁ。そして、素敵な空間と素敵な食器で食べるご飯が美味しい!キムチもナムルも全て材料から手作りだそう…。毎朝の取り立て蒸しただけとうもろこしも美味しい。残り数日、ここで吸収できること沢山吸収しようと思う。
いよいよ、長旅もラストスパート。数日後には、チェジュカンジョン村の平和大行進に参加。あぁ、台風などの影響ありませんように…。
ーーーーー