読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

:::mido :::

考える。心の中をぶつぶつと整理。思ったことや感じたことを、撮りだめ、書き留めていく場所、伝える場所。

MENU

2015年最後の日に…

【日記】

台湾に来て、もうすぐ丸4年が経つ。台湾に住んで大学に行っていると、こっちのお正月は、旧暦(農暦)なので、31日まで授業があるし、気温もそんなに寒くないので、ここ数年、年末年始の感覚がないままだ。その上、今年は、引っ越してから、テレビが家にないので、ニュースや年末年始番組を見ないし、バイトに行くからか、余計にそう感じるのかもしれない。

 

2015年、振り返ってみるとなんだかんだとバタバタ忙しい年だった。2月にチェジュ・沖縄の人が来て交流したり、3月にはのんが日本に帰り引っ越したり…。4月5月は、学校の授業の為に、いろんな人のところへ取材へ行ったり、卒業制作の企画案で何度もいろんな教授にフラレたり…。7月・8月は韓国に旅に出て、高校の時の友達に会ったり、代案学校や自給自足しているお家に滞在して農業をしたり福島の話しをしたり、カンジョン村の大行進に参加したり…。9月には沖縄、10月には日本へ、そして11月にも、短期インターンの為に日本へ…。それ以外は、ずっと卒業制作と学校の課題、バイトに追われる日々。本当に、行ったり来たりの一年だった。

 

 来年の夏には、大学を卒業する。前から何度も考えていたけれど、考えたくないというか、考えてもどうしようもない或はどうすればよいかわからず何度も考えることを避けてきたことがある。それは、「どこで働くか・どこで仕事をするか」ということだ。心の中では、卒業してからのことを考えていたけれど、夏に韓国に行った時に、韓国・日本の人々(人生の大先輩から、同じ年…教育に携わる人、俳優やカメラマンから活動家や学生まで)といろんな話しをしたことが刺激となり、台湾に帰ってきてから、卒業後のことを本格的に考え始めた。将来働きたい業界の中でも、比較的自分の中で魅力的だった会社のインターンにも応募した。そして予想外に、合格してインターンにも参加した。でも、どこまで行っても毎回、私にとっては大きな壁にぶつかる。それは、「放射能汚染」だ。私は、いくらやりたかった仕事であっても、条件や給料がよくても、健康と命を引き換えることはできない。4年が過ぎ、もう5年経とうとしている今、「普通に暮らしているのに。」「帰還も始まっている。除染している。」「福島は大変ですね…。(東京/自分のところは大丈夫)」と思う人もいるだろうし、実際にこのような言葉たちが日本中に溢れ、原発事故は、「現在進行形」ではなく、「過去」のことへなっていっている。だけれど、どうしようもできない汚染はどれだけ目を逸らしても、実際には存在し、それはどんどんひどくなっている。そして、これからますます放射能汚染の被害がでてくるだろう。(福島だけの話しではなく東京を含めた東日本全体だ。)私は、どうしてもそのことを「無かった」かのようにはできない。だから、実際に本格的に探し始めると、場所などがとても狭まってくる。やりたい仕事ややりたいことがあって、それを叶える切符を手に入れられそうなところまで行っても、結局諦めざるを得ない。これまでなんども、「原発事故さえなければなー」とつぶやいた。なにかの節目(卒業や就職)を迎える度に、「なかったこと」にできる性格の方がよかったかなと思ったり、「損をする生き方なのかもしれない」とも思うことがある。そして、これから先もこの感情は何度もでてくるのだと思う。インターンの時、「仕事だから仕方ないし、危険かどうかも分からない。それにこの仕事に就きたいのなら、自分の危険を冒す覚悟も必要だし、怖いとかは言うべきではない。」と同じグループだった学生に言われた。私は、この言葉がずっと心の中にひっかかっている。1人の人間として「自分の命」が大切と考えることは、おかしいことだろうか。私の中では、これは当たり前のことだし、「社会」としても当たり前であるべきことだけれど…。誰がどう思おうと働くのは私だし、私の人生は私のものなので、やっぱり、健康・命は大切という考えだけは譲れない。だから、目先のおいしそうな話しや条件にころっと騙されたり誘惑されずに、「自分の考えやどう思うか・どう活きたいか」を大切にしながら、2016年の日々を過ごしたいし、働き先を探していくことにしようと思う。(もちろん、頑固になりすぎず、いろんな人の考えや声に耳を傾けることは大切だし、もっと素直に聞く努力をしないとですが…苦笑)ーーー

 

バタバタ行ったり来たりの忙しい2015年は、ぐるぐる長い文で、お終い。2015年お世話になった全ての人へ大大感謝、謝謝です。そして、2016年もよろしくお願いします。一ヶ月後には、台湾をまたまた一ヶ月ほど離れるので、年明け早々、卒業制作のラストスパート・期末テスト、運転免許試験、そしてバイトに忙しくなりそうですが、一ヶ月後の「楽しみ」の為に乗切らねば…!では、みなさん、元気でよいお年を!