読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

:::mido :::

考える。心の中をぶつぶつと整理。思ったことや感じたことを、撮りだめ、書き留めていく場所、伝える場所。

MENU

もうすぐ出発

【日記】

早いもので、大学生活最後の長期休みだ。一週間ほど前に、冬休みが始まってからは、ごろごろしながら、映画やドラマ三昧したい欲と闘いながらも、卒業制作のブックレットをほぼ完成させ、指導教授とミーティングしたり、履歴書を書いたりで、明後日にはもう韓国へ出発する日だ。

「嫌だー無理だーできないーい」と、何度も頭を抱え、何度も泣き、何度もつくり直した卒業制作も、もうすぐゴールに辿り着けそうだ。韓国へ出発する前にひと段落させることが目標だったので、とりあえずは目標達成。

日本では、就職活動が始まりだして、インターンや説明会なども忙しい時期に、私は韓国語語学堂の短期コースへ行くことに決めた。「もうすぐ卒業なんだし、卒業後の為にも、企業インターンや説明会に専念した方がいいのだろうか…」と沢山考えたが、やっぱり最後の冬休みだからこそ、一番行きたいところ、一番学びたいもの、一番「面白そう」と思うものを選ぶことにした。周りの人から聞いた話しや「就活はこう準備すべし!」などのインターネットの情報に流されて、呑み込まれたくなかった。

自分が、これから行きたいと考えている場所に行く為には、エントリーシートや面接など、自分を自分の言葉で語ることの他に、筆記試験もある程度できなければならない。それらの過去問を解くだけで、自分のできなさに落ち込んでしまう。だけど、筆記試験の勉強は、楽したり近道しようと思わずに、コツコツやればなんとかできるはずだ。それよりも、自分の言葉で自分をどれだけ語ることができるか…。生きてくうえで、自分が「面白い」と思えるものをどれだけ大切にできて、そこへ向かっていくことができるか、そしてそこで感じたこと言葉で表現することを、大切にしたい。

明後日から、一ヶ月間、新しい環境での生活が始まる。遊ぼうと思えば沢山遊べる環境、詰め込もうと思えば詰め込める環境。遊ぶだけだったり、勉強を詰め込むだけだったら、わざわざおかねかけていく必要なんて無いだろう。どんな人々に出会えるのか、どんな事柄に出会えるか、はたまたどんなことを感じて、考えて、言葉で表現できるか。さぁ一ヶ月、私にとって、自分との勝負の一ヶ月になりそうだ。