読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

: : m a y u n o t e : :

台湾で大学卒業後、韓国で働きます。美味しいものから言葉や社会のことなどをソウルからお届け!時々、台湾情報も!

【I·SEOUL·U フレンズ2期】ソウル市グローバル広報団になりました。

こんにちは。2016年6月に台湾で大学を卒業し、2017年6月からワーホリビザで韓国生活を始める、まゆこです。(6月からと書いていますが、実際は5月末入国なので、出発まであと二週間も残っていません。)

荷物や行政系の手続き、お世話になっている方々への挨拶や連絡など日本でやらなければいけないことはもちろん、韓国での家探しなどやらなければならないことが、山積みです。

そんなことを言いながら、本日もブログを更新します。

そうです。タイトルにもある通り、、、今回(というか3月頃の話しなんですが…汗)

【I·SEOUL·U フレンズ2期】ソウル市グローバル広報団の一員になりました!

今後2017年12月まで、本ブログでは、【I·SEOUL·U フレンズ2期】ソウル市グローバル広報団として、ソウル市の様々なイベントや政策を紹介していきます。

まずは、【I·SEOUL·U フレンズ2期】ソウル市グローバル広報団って結局何なの?という疑問を解くことからはじめていこうと思います。

 

f:id:mayukke18:20170518103203p:plain

 

 

I·SEOUL·U フレンズ2期とは?

「I·SEOUL·U フレンズ」は、市民が作った都市ブランドマーケティング「I·SEOUL·U」を広め、共感できるアイディアを構想・実行する市民参加型の市政企画です。

 なんだか、ぱっと見よく分かりにくですが、ソウル市の市政情報やソウル市主催のイベント、或は企画などを行政側だけでなく、市民も共に宣伝したり参加していこう!という企画です。

「I·SEOUL·U」というスローガンについては、韓国国内外から賛否両論様々な意見があったようですが、個人的には「I·SEOUL·U」というスローガンが、特定の誰かや民族、地域を蔑んだりするものでなければ、そのものよりも企画の内容がより重要なのではないかなと思い、応募しました。

いつ活動するの?

 今回、私が応募し選ばれた2期の活動期間は、2017年3月から12月までです。

以下、募集要項から引用します。

  • □ 募集対象 : ソウルブランドを愛する誰も ※ 国籍、年齢、地域、性別関係なし
  • □ 募集期間 : 2017年2月2日(木)~2月16日(木)
  • □ 活動期間 : 2017年3月2日(木)~12月※ 重点活動期間(3月~9月)、1週に1回活動が原則、7~8月は2週に1回活動

japanese.seoul.go.kr

なぜ応募したの?

この広報団は、ボランティアなので、お給料などは一切ありません。ただ、インセンティブとして、「賞状授与、認証書提供、ボランティア時間認定など」 はあるようです。

私が今回応募した一番の理由は、ソウル市の市政にとても興味があったからです。ソウル市の市政(取組?)については、後々ソウルでの暮らしが始まったら、もっと深く掘り下げて書いていきたいのですが、若者への支援やエネルギー政策、都市計画において、興味深い取組が沢山あると思い、以前から興味を持っていました。

何もきっかけが無ければ、「面白そうだな。興味深いな」だけで、終わってしまいますが、この募集を見て、それらを更に深く知ることができるのでは?深く知ろうとするきっかけになるのでは?と思い、応募しました。

応募から採用までの手順(2017年3月時点、2期募集の場合)

  1. 2017年1月下旬→募集していることを知る。
  2. 2017年2月初旬〜中旬→早速、志願書を作成(日本語でも可能。私は、韓国語で作成しました。)
  3. 締め切り数日前→メールで送信 
  4. 2017年2月下旬→メールにて、結果をいただく。

志願書は、簡単な履歴書のようなものでした。2月下旬にメールをいただいた際、「3月に就任の歓迎パーティーのようなものがあります!ご都合がつけば参加してください」というお知らせも同時にいただきました。しかし、私はその時期、まだ渡韓していませんし、そのためだけに渡韓に行く訳にもいかないので、欠席しました。(今後、そういう催しがあるのかは分からないです。笑)

今後の活動について!

本ブログでは 今後、活動期間が終了する2017年12月まで、【I·SEOUL·U フレンズ2期】ソウル市グローバル広報団として、ソウル市の様々なイベントや政策を紹介していきます。

また、ホームページ上に載っていることをシェアするだけでなく、実際にどういう取組がされているのかや、新しい政策の実施によってどういう変化がもたらされたのかなどを、実際に足を運び見たり聞いたりすることを通して、生きた情報をお届けしていきたいです。

 

韓国市民運動家のまなざし―日本社会の希望を求めて

韓国市民運動家のまなざし―日本社会の希望を求めて

  • 作者: 朴元淳,参加型システム研究所,石坂浩一
  • 出版社/メーカー: 風土社
  • 発売日: 2003/08
  • メディア: 単行本
  • クリック: 4回
  • この商品を含むブログを見る
 

 

2 地球の歩き方 aruco ソウル 2016~2017 (地球の歩き方aruco)

2 地球の歩き方 aruco ソウル 2016~2017 (地球の歩き方aruco)

 

 

 

歩いてまわる小さなソウル

歩いてまわる小さなソウル

 

 

 

ことりっぷ 海外版 ソウル (旅行ガイド)

ことりっぷ 海外版 ソウル (旅行ガイド)